近鉄奈良駅から東大寺までの徒歩ルート

・近鉄奈良駅から東大寺までの距離:約1.5km(南大門入口まで)
・徒歩による東大寺までの所要時間:約25分
・ジョギングによる東大寺までの所要時間:約15分


近鉄奈良駅は地下に潜っており、東改札口と西改札口があります。
更に改札から地上に通じる多くの出口があります。
東大寺に向かうには、東改札を出てすぐの奈良近鉄ビル1階に通じるA出口を利用するのが分かり易く、便利です。

地上に上がり、そのまま真っ直ぐに奈良近鉄ビルを出ると369号線(登大路)沿いに出ます。

HI3B0080.jpg真っ先に目に入るのが、奈良での待ち合わせによく使われる行基菩薩噴水という小さな銅像が真ん中にある噴水です。
その行基さん噴水の左脇を抜けると、右手に近鉄奈良駅周辺で最もにぎやかな東向き通りがありますがそちらには入らず、緩やかな上り坂になっている369号線(登大路)の歩道をそのまま上って行きます。
坂を上ってしばらくすると、右手に奈良公園、左手に奈良県庁が見えてきます。

HI3B0078.jpg

この369号線(登大路)沿いの歩道は大変幅が広く、奈良公園の緑も鮮やかで大変快適です。
ただ、片側3車線の大きい道路だけに車の通行量はかなり多めです。
排ガスが気になる場合は、少し遠回りになりますが先の東向き通りに迂回し、369号線(登大路)と並行して走っている三条通からアクセスするのが良いでしょう。

369号線(登大路)を進むと県庁東という大きな交差点に出ます。
この県庁東交差点には横断歩道が無いので、地下道を利用して通りの反対側に出ます。
地下道をくぐり抜けると、いかにも観光地奈良らしい趣のある歩道になりますが、幅は依然として広いままです。
よほどのシーズンでない限り、他の歩行者をあまり気にしないで歩ける快適な散歩道です。

IMG_4408.jpg

その趣のある歩道をしばらく進むと、大仏殿という交差点が見えてきます。
大仏殿を左折し、約200mで東大寺南大門に到着します。

IMG_4412.jpg


近鉄奈良駅から東大寺までのルートは、基本的にゆったりとした安全な歩道が続くだけに、徒歩によるアクセスがお奨めです。
ただ、東大寺構内はかなり広く、全てを見回るとかなり疲れます。
近鉄奈良駅と東大寺間は奈良交通のバスも通っていますので、帰り道に利用するのも良いでしょう。
ただ、春秋の観光シーズンの土日祝日ともなれば奈良市内の道路はかなり渋滞しますので、バス利用のほうがかえって時間のかかる可能性もあります。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。