東大寺から興福寺への徒歩ルート

・東大寺南大門から興福寺五重塔までの距離:約1.2km
・東大寺転轄門から興福寺五重塔までの距離:約1.4km
・徒歩による東大寺から興福寺までの所要時間:南大門から約20分、転轄門から約25分
・ジョギングによる東大寺から興福寺までの所要時間:南大門から約10分、転轄門から約15分

東大寺と興福寺は、奈良公園を挟んで並んでおり、大変アクセスしやすい位置関係にあります。
どちらも奈良を代表する寺だけに、訪れた時は両方見学するのが一般的です。


〔東大寺南大門から興福寺へのアクセス〕
東大寺でメインとなる入口は南大門です。

IMG_4412.jpg

南大門を出て約200m進むと、大仏殿と言う交差点に出ますので信号を渡って右折します。
右折後西に向かう歩道は趣があり、よほどのシーズンでない限り他の歩行者をあまり気にしないで歩ける快適な散歩道です。
その趣のある歩道をしばらく進むと県庁東という交差点に出ますが、地下道があるのでそのまま進みます。

IMG_4407.jpg

地下道を出ると369号号線(登大路)沿いの歩道となり、左手に奈良公園、右手に奈良県庁を見ながらしばらく進みます。
県庁前という交差点を過ぎ、右手に見える奈良県庁の西端まで来ると県庁西という交差点に出ますので、
そこで左折し奈良公園に入ります。
約100m進むと興福寺東金堂、更にその奥に奈良中心のシンボルとも言える五重塔が見えてきます。


〔東大寺転轄門から興福寺へのアクセス〕
一方、東大寺境内の西北にある進入路が転轄門です。
東大寺は2度の兵火で多くの建物を焼失しましたが、転轄門は焼け残った数少ない建物の一つです。
場所的に、大仏殿や三月堂といった東大寺のメインから離れているため、最後に転轄門を見物してから興福寺に向かうケースも多いと思います。
転轄門を出ると369号線に出ますので、左折して南に向かいます。
片側1車線の交通量の多い道ですが、所々に和菓子の店約800mそのまま進みます。
やがて県庁東という大きな交差点に差し掛かりますが、地下道がありますのでそのまま進むと奈良県庁の南側(369号号線(登大路)沿いの歩道)に出ます。
その歩道を進み、2つ目の信号(県庁西)で横断歩道を渡って左折してそのまま奈良公園内に入り、約100m進むと興福寺東金堂、更にその奥に五重塔が見えてきます。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。