興福寺のページ

IMG_4392.jpg

興福寺は、南都六宗の一つである法相宗の大本山の寺院です。
奈良時代に強力な権力を誇った藤原氏の氏寺で、藤原氏の祖である藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院となっています。
また、興福寺は南都七大寺の一つで、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

興福寺は創建時、境内東側に食堂(じきどう)、東金堂、五重塔、中央に講堂、中金堂、中門、南大門、西側に北円堂、西金堂、南円堂と、整然とした伽藍配置を構成していました。
まさしく藤原氏の氏寺であったことを示す壮大なスケールです。
しかし、戦火を幾度も潜り抜けてきた結果、現在の興福寺には西金堂のように跡地になっている場所や、いまなお再建中の部分が数多く残っています。
中金堂、東金堂、西金堂と3つの金堂には、多くの仏像が安置されていましたが、現存するのは東金堂のみとなっています。
また、寺域を区切っていた塀や南大門も消失していますので、興福寺境内は奈良公園との境目が無くなっています。

しかし奈良市街地のシンボルとも言える五重塔や、千手観音像や阿修羅像、山田寺仏頭等の有名な仏像が数多く展示されている国宝館(食堂跡地に建立)等、興福寺には当時の隆盛を思い起こさせる国宝がいまなお数多く残っています。
興福寺は、奈良観光の定番とも言える見所満載のお寺です。


≪興福寺へのアクセス≫
1.JR奈良駅から興福寺までの徒歩ルート
2.近鉄奈良駅から興福寺までの徒歩ルート
3.興福寺から東大寺への徒歩ルート
4.興福寺から春日大社への徒歩ルート


≪興福寺の建築物≫
1.興福寺 五重塔
2.興福寺 東金堂
3.興福寺 北円堂
4.興福寺 南円堂
5.興福寺 三重塔
6.興福寺 国宝館


≪興福寺周辺のホテル≫
1.春日ホテル
2.ホテルフジタ奈良
3.ホテル日航奈良
4.ホテルサンルート奈良
5.奈良ホテル
6.ホテル美松
7.ホテルニューわかさ
8.観光ホテル タマル
9.飛鳥荘
10.吉田屋旅館別館 ホテル大和路
11.奈良 白鹿荘
12.大仏館


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。