興福寺から春日大社への徒歩ルート

・興福寺五重塔から春日大社までの距離:約1.6km
・徒歩による興福寺から春日大社までの所要時間:約30分
・ジョギングによる興福寺から春日大社までの所要時間:約20分

奈良市街地のシンボルとも言える五重塔の擁する興福寺は、近鉄奈良駅のすぐ近くにあります。
また、JR奈良駅からのアクセスも容易なため、奈良お寺めぐりの起点としてもお勧めです。
その興福寺の東手に春日大社、北東に東大寺があります。
これら3つの有名寺院が、2km圏内という徒歩による散策やジョギングに適した位置関係にあります。
興福寺、春日大社、東大寺の順に回れば、効率良く行き来することが出来ます。

現存する興福寺建築物はそれほど多くありません。
それゆえ境内における出発点はどこでも良いのですが、ここでは分かり易くするため五重塔とします。
五重塔から南方向に向い、三条通に出たところで左折して約200先の一の鳥居目指して進みます。
猿沢池以降の三条通は、奈良町側(南方面)から北上してくる車があり、交通量が少し増えますので注意が必要です。

IMG_4396.jpg

一の鳥居前の横断歩道を渡って直進すると、春日大社表参道という幅の広い砂利道に入ります。
両側に並ぶ大木と灯篭が風情を醸し出しており、散歩やジョギングに適した参道です。

一の鳥居前のある169号線は車の往来が激しいですが、春日大社表参道に入ると周りの木々が遮音壁になっているのか、驚くほど静かになります。
砂利道を踏みしめる音と行き交う人々の会話だけが聞こえるだけの、心落ち着く空間になります。

HI3B0060.jpg

ただ、この春日大社表参道両脇には、観光スポットが幾つかあります。
木々があり少し分かり難いですが、一の鳥居から約200mまで進むと左手に奈良国立博物館、右手に浮見堂があります。
更に約600m進むと、春日荷茶屋、春日大社神苑入口が左手にあります。
そこから約200m進むと、春日大社の二の鳥居が見えてきます。

HI3B0058.jpg

ここを潜り抜けて緩やかな坂を上ると、春日大社本殿入口に到着です。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

興福寺のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。