近鉄奈良駅から春日大社までの徒歩ルート

・近鉄奈良駅から興福寺までの距離:2.1km
・徒歩による興福寺までの所要時間:約35分
・ジョギングによる春日大社までの所要時間:約20分


近鉄奈良駅の地上出口から春日大社までは2km強で、散歩を日課としている人にとってはどうってことのない距離です。
一方、日頃歩き慣れていない人にとって、近鉄奈良駅から春日大社までの道のりは、少し遠く感じるかもしれません。
しかし、観光地奈良の中心地を抜けて春日大社神域に通じるルートは見所が多く、その距離を感じさせません。


近鉄奈良駅は地下に潜っており、東改札口と西改札口があります。
更に改札から地上に通じる多くの出口があります。
春日大社に向かうには、東改札を出てすぐの近鉄ビル1階に通じるA出口を利用するのが分かり易く、便利です。

HI3B0080.jpg地上に上がり、そのまま真っ直ぐに近鉄ビルを出ると369号線(登大路)沿いに出ます。
すると、真っ先に目に入るのが、奈良での待ち合わせによく使われる行基菩薩噴水という小さな銅像が真ん中にある噴水です。
その行基さん噴水を抜けると、右手に東向き通りが見えてきます。

春日大社へは、そのまま369号線(登大路)を東にむかっても行くことが出来ますが、昔ながらの土産物店や老舗店と新スポットが混在している東向き通りに入ります。
東向き通りは約250mほどしかありませんが、アーケードのある近鉄奈良駅で最もにぎやかな通りです。
東向き通りを抜けると、三条通に出ますので左折します。
しばらく進むと、右手に猿沢池、左手に興福寺の南円堂入口が見えてきます。
更に進むと奈良市街地のシンボルとも言える興福寺五重塔が姿を表します。

IMG_4393.jpg

いかにも古都奈良らしい景観で、その先に春日大社入口の一の鳥居が見えてきます。
ただ、猿沢池以降の三条通は、奈良町側(南方面)から北上してくる車があり、交通量が少し増えますので注意が必要です。
一の鳥居前の横断歩道を渡って直進すると、春日大社表参道に入ります。
両側に並ぶ大木と灯篭が風情を醸し出しており、散歩やジョギングに適した参道です。

一の鳥居前のある169号線は車の往来が激しいですが、春日大社表参道に入ると周りの木々が遮音壁になっているのか、驚くほど静かになります。
砂利道を踏みしめる音と行き交う人々の会話だけが聞こえるだけの、心落ち着く空間になります。
ただ、この春日大社表参道両脇には、観光スポットが幾つかあります。
木々があり少し分かり難いですが、一の鳥居から約200mまで進むと左手に奈良国立博物館、右手に浮見堂があります。
更に約600m進むと、春日荷茶屋、春日大社神苑入口が左手にあります。
そこから約200m進むと、春日大社の二の鳥居が見えてきます。

HI3B0058.jpg

ここを潜り抜けて緩やかな坂を上ると、春日大社本殿入口(南門)に到着です。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

春日大社のトップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。