春日大社から興福寺への徒歩ルート

・春日大社本殿から興福寺五重塔までの距離:約1.6km
・徒歩による春日大社から興福寺五重塔までの所要時間:約30分
・ジョギングによる春日大社から興福寺五重塔までの所要時間:約20分

春日大社の北側に東大寺、西側に興福寺があります。
これら3つの有名寺院が、2km圏内という徒歩による散策やジョギングに適した位置関係にあります。
近鉄奈良駅のすぐそばに興福寺がありますので、ここを出発点とするのが一般的です。
しかし、春日大社、東大寺、興福寺はいずれも見所満載だけに、境内を歩き回ると結構な距離になります。
歩きなれていないのであれば、東大寺境内の北西に位置する転轄門まで奈良交通のバスで行き、東大寺、春日大社の順で観光後、最も奈良駅に近い興福寺境内を体力の続く限り散策するというコースもお勧めです。


春日大社本殿入口(南門)を出て、そのまま西方向に緩やかな下り坂を進むと、春日大社の二の鳥居が見えてきます。
両側に並ぶ大木と灯篭が風情を醸し出すこの道は、春日大社表参道と呼ばれています。
周りの木々が遮音壁になっているのか、春日大社表参道は砂利道を踏みしめる音と行き交う人々の会話だけが聞こえるだけの、静かな空間が続きます。
二の鳥居から一の鳥居までは約1kmの道のりですが、快適なためその距離を感じさせません。

HI3B0060.jpg

興福寺に通じる春日大社表参道は、散歩するのが本当に楽しい通り道ですが、その両脇には観光スポットが幾つか並んでいます。
二の鳥居から約200m進むと、右手に春日大社神苑入口、春日荷茶屋が見えてきます。
更に約600m進むと、右手に奈良国立博物館、左手に浮見堂があります。
浮見堂まで行くには、奈良公園を少し下らなければなりません。
しかし、池の少し入った所に浮かぶその景色はすばらしく、また浮見堂の中にはベンチもありますので、ちょっとした休憩にもお勧めです。

HI3B0068.jpg

奈良国立博物館、浮見堂近辺の春日大社表参道から更に200m西に向かうと、169号線と接する一の鳥居に到着します。
一の鳥居を過ぎて三条通に入ると、それまでの静かで別世界のような春日大社表参道から、急に現実の世界に戻ってきたような感じになります。
三条通は車の往来がそこそこありますので、注意が必要です。
三条通を約200m進むと、右手に奈良市街地のシンボルとも言える興福寺五重塔が見えてきます。

HI3B0086.jpg


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

春日大社のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。