興福寺 北円堂

IMG_4372.jpg

藤原氏の氏寺であった興福寺は、南都六宗の一つである法相宗の大本山の寺院で、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。
しかし、戦火を幾度も潜り抜けてきた結果、現在の興福寺には西金堂のように跡地になっている場所や、いまなお再建中の部分が数多く残っており、五重塔も室町時代の再建となっています。

北円堂も、藤原不比等の一周忌に際して、元明上皇、元正天皇の両女帝が長屋王に命じて養老5年(721年)に創建されましたが、現在の建物は承元2年(1208年)頃の再建です。
それでも北円堂は、興福寺に現存している建物の中で最も古い建物になります。
興福寺には北円堂と南円堂があり、その名の通り北円堂は境内の西北端に位置しています。
そのため、近鉄奈良駅から東向き通りを使ってアクセスすると、真っ先に北円堂が見えてきます。


法隆寺夢殿と同じく「八角円堂」である北円堂には、国宝である木造弥勒仏坐像と木心乾漆四天王立像が安置されており、春と秋に特別開扉されます。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

興福寺のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。