薬師寺 西塔

IMG_4802.jpg

緑色っぽい青色と鮮やかな丹色からなる青丹良し(あおによし)カラーが美しい薬師寺西塔は、昭和56年(1981年)に再建されました。
旧塔は享禄元年(1528年)の兵火で焼失しており、金堂と同じく400年以上の時を経て、昭和の時代に復興しました。

新しい建物ですが、薬師寺西塔は白鳳時代の伝統様式、技法が積極的に取り入れられました。
青丹良し(あおによし)カラーの連子窓が、白壁の東塔と外観上の大きく異なりますが、西塔のほうが創建時の様式を忠実に再現しています。
一方の東塔は、薬師寺創建時から残る建物ですが、幾度の改修を受けて現在の白壁に変わっています。
創建時の様子を再現した西塔と、長い歴史の変遷を物語る東塔を一度に見ることが出来るのは、薬師寺の大きな魅力の一つです。

薬師寺西塔は、創建時の建築様式を忠実に再現しており、その大きさも同じように設計されています。
ただ、東塔は1300年の時を経て建物の基礎が少し沈下しており、西塔のほうが若干高いそうです。
更に、落ち着いた雰囲気の東塔に対し、鮮やかな青丹良し(あおによし)カラーで塗装された西塔は、視覚的な効果もあって一際大きく感じられます。
興福寺五重塔や東寺の五重塔など、奈良や京都には数多くの伝統的な仏塔がありますが、薬師寺西塔は新しい仏塔ながらその鮮やかさ、立派さが独自の存在感を示しています。

再建された薬師寺西塔の内陣には、釈迦成道像(しゃかじょうどうぞう)、初転法輪像(しょてんぽうりんぞう)、釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)、弥勒如来像が安置されています。
いずれも沢田政廣仏師の作品で、毎年3月上旬から中旬までの特別法要で公開されています。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

薬師寺のトップページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。