唐招提寺 経蔵、宝蔵

IMG_4769.jpg

唐招提寺の経蔵、宝蔵は、金堂と講堂の東側、礼堂の横に並んで建っています。

どちらも天平時代の校倉造の建物ですが、特に経蔵は唐招提寺創建以前の新田部親王の蔵を改造したもので、正倉院より前に建てられた最古の校倉造とされています。
一方の宝蔵は唐招提寺創建後に建てられたものとされていますが、両者に歴史の差は感じられません。

経蔵、宝蔵とも、くっきりした色合いと直線基調の造りのためか、悠久の時を経ているにもかかわらず、目新しさを感じさせます。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

唐招提寺のトップページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。