東大寺 金堂(大仏殿)

IMG_4458.jpg

東大寺金堂には、奈良の大仏として有名な盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)が安置されており、大仏殿と呼ばれています。
東大寺で大仏製作が始まり、天平勝宝4年(752年)に魂入れの儀式である開眼供養会(かいげんくようえ)が行われた時に金堂も創建されましたが、源平争乱期(平重衡の兵火)、戦国時代(三好・松永の戦い)という2度の兵火で、大仏(盧舎那仏坐像)とともに金堂も焼失しました
現在見ることが出来る東大寺大仏殿(金堂)は、江戸時代(1709年)に再建されたものです。
創建時の建物と異なり、当時の技術を結集した集成材方式が、大仏殿再建時に取り入れられました。

この再建された東大寺大仏殿の大きさは、正面の幅57.5メートル、奥行50.5メートル、高さ49.1メートルとなっています。
高さと奥行は奈良時代の創建当時とほぼ同じですが、幅は創建当時の約3分の2になっています。
創建時よりややコンパクトになった東大寺金堂(大仏殿)ですが、それでも実際に目の当たりにすると、その大きさに圧倒されます。
明治時代に建てられた東本願寺御影堂とともに、日本最大級の木造建築物であることを実感出来るスケール感です。
更に驚くのは、東大寺金堂が設置されている敷地の大きさで、中門から大仏殿までに巨大なスペースが確保されています。
奈良時代に創建された八角灯籠が立っているだけなので、東大寺大仏殿(金堂)を綺麗に写真に収めることが出来ます。

東大寺金堂と言えば大仏(盧舎那仏坐像)の安置場所となりますが、他にも如意輪観音坐像、虚空蔵菩薩坐像、多聞天像、広目天像等の立派な仏像が、盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)を見守るように周りに配置されています。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。