多聞天〔東大寺大仏殿〕

IMG_4446.jpg

ものまね四天王等、有力な4人組のことを四天王と言いますが、元々は仏教界の4人の守護神である多聞天、広目天、増長天、持国天のことを指します。
須弥山頂上に住む帝釈天に仕え、その中腹にある四大王衆天(しだいおうしゅうてん)で仏法を守護するものとされ、持国天が東勝身洲、広目天が西牛貨洲、増長天が南瞻部洲、多聞天が北倶廬洲と、それぞれ東西南北を守る神とされています。

多聞天は、単体(独尊像)で祀られるときは毘沙門天と言われます。
独尊像として信仰の対象となっている中央アジア北方では、毘沙門天は戦勝の神とされており、四天王の中でも多聞天は最強の守護神とされています。
しかしながら、仏教発祥のインドでは、神話に出てくる財宝神クベーラが多聞天の前身とされており、戦闘の神ではありませんでした。
東方に広まる中で、四天王における武神としての役割が多聞天に与えられたようで、日本でも宝塔を持った唐代の武将風の姿で表されるのが一般的です。

東大寺大仏殿(金堂)には、等身大の四天王は多聞天像と広目天像しかなく(増長天、持国天は首から上のみ)、多聞天像は北方(北東の隅)に安置されています。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。