広目天〔東大寺大仏殿〕

IMG_4436.jpg

仏教界における四天王(多聞天、広目天、増長天、持国天)は、須弥山頂上に住む帝釈天に仕え、その中腹にある四大王衆天(しだいおうしゅうてん)で仏法を守護しています。
それぞれ東西南北を守る神とされており、持国天が東方、広目天が西方、増長天が南方、多聞天が北方を守護する鎮護国家の武将となっています。

広目天(こうもくてん)は、仏教における天部の仏とされています。
持国天、増長天、多聞天が、剣や槍、鉾などの武器を持っているのに対し、広目天は武器ではなく筆と巻物 (巻子)を持っています。
また、広目天を表す梵語は 「ビルバクシャ」となっており、サンスクリット語で「種々の眼をした者」あるいは「通常ならざる目を持つ者」 という意味で、千里の遠くをも見通す能力を持っていると拡大解釈されました。
他の武将たちとは違い、広目天はその千里眼という能力を活かし、筆と巻物を使って悪鬼を説得させ、改心させる力で、西方の守護神としての役割を果たしています。

東大寺大仏殿(金堂)には、等身大の四天王は広目天像と多聞天像しかなく(増長天、持国天は首から上のみ)、広目天像は西方(西北の隅)に安置されています。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。