増長天(東大寺大仏殿)

IMG_4443.jpg

仏教界の須弥山頂上に住む帝釈天に仕える四天王の多聞天、広目天、増長天、持国天は、中腹にある四大王衆天(しだいおうしゅうてん)で仏法を守護しています。
持国天が東勝身洲、広目天が西牛貨洲、増長天が南瞻部洲、多聞天が北倶廬洲と、それぞれ東西南北を守る神とされています。

南方の守護神である増長天の梵語名は「ビルーダカ」で、「発芽し始めた穀物」という意味を持ち、五穀豊穣を司っています。
増長天は、他の四天王と同じく革製の甲冑を身に着けた唐代の武将風の姿で表されるのが一般的ですが、東大寺大仏殿(金堂)の増長天は途中で製作が中断されており、首から上のみが展示されています。


「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。