ホテルサンルート奈良(興福寺、東大寺、春日大社周辺のホテル)

ホテルサンルート奈良は、サンルートホテルチェーンの一つです。
全国各地に加盟店があり、その安心感の高さがホテルのアピールポイントになっています。

興福寺周辺、五重塔から約300m南に下ったところにホテルサンルート奈良はあります。
それゆえ、早朝の朝靄のかかった凛とした雰囲気や、ライトアップされた五重塔(ライトアッププロムナードなら開催中のみ)等、時間毎に異なる風景を映し出す興福寺を愉しむのにお勧めのホテルです。

このサンルートホテル奈良独自のセールスポイントは、地下1階にある「日本料理おばな」の朝食です。
奈良名物の「大和茶粥」をはじめ、地元の旬の食材を職人が芸術品に仕上げた季節感あふれるおばんざいの朝食を味わうことが出来ます。

興福寺や奈良公園の近くということもあり、ホテルサンルート奈良は交通アクセスにも大変恵まれており、JR、近鉄どちらの利用にも便利です。
JR奈良駅からであれば、中央出口を出て斜め左方向に進んで三条通に入ります(右手のスーパーホテルが目印です)
三条通を約1km進むと左手に興福寺南円堂入口、右手に猿沢池が見え、更に進むと左手に興福寺五重塔、右手に猿沢池東側へ降りる階段がありますので、その階段を降ります。
そのまま約300m進むと左手にホテルサンルート奈良が見えてきます。
一方、近鉄奈良駅からであれば、東改札を出てすぐの近鉄ビル1階に通じるA出口を利用して地上に上がり、そのまま真っ直ぐに近鉄ビルを出ると369号線(登大路)沿いに出ます。
奈良での待ち合わせによく使われる行基菩薩噴水という小さな銅像が真ん中にある噴水があり、そこを過ぎるとすぐ右手に東向き通りが見えてきますので、そちらには入ります。
東向き通りを進むと三条通に出ますので左に曲がり、しばらく進んで右手に見える猿沢池東側への階段を降り、約300m進むと左手にホテルサンルート奈良が見えてきます。

興福寺近くにあるホテルサンルート奈良ですが、それだけに東大寺、春日大社へのアクセスにも優れています。
春日大社へは、三条通に出てから右手(東側)に進めば一本道です。
少し距離がありますが、一の鳥居前交差点から先は「春日大社表参道」という幅の広い趣のある砂利道で、歩くのが楽しい道のりです。
一方、東大寺へは一の鳥居前交差点を左折後、その先の県庁東交差点を右折、さらにその先にある大仏殿という交差点を左折すれば、南大門に到着します。

ホテルサンルート奈良






「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

東大寺のトップページへ

興福寺のトップページへ

春日大社のトップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。