春日大社のページカテゴリの記事一覧

古都の宿 むさし野(春日大社、東大寺周辺のホテル)

古都の宿むさし野は、若草山に面した古都奈良らしい趣ある場所に位置する老舗旅館です。
春日大社と東大寺の間に位置しており、奈良のお寺めぐりにも大変便利です。
奈良は盆地ゆえ朝靄のかかることも多く、早朝から出かければ幻想的な雰囲気の東大寺法華堂や、春日大社本殿に遭遇することもあります。
古都の宿むさし野から春日大社本殿までは徒歩約5分、東大寺法華堂も約10分ほどで到着可能だけに、時間の移り変わりとともに様々な表情を見せる名寺を、存分に愉しむことが出来ます。
更に、むさし野周辺には松乃家旅館、料理旅館春日野といった旅館と土産物屋が若草山と向き合う形で並んでいます。
鹿が若草山側に集まっていることも多く、いかにも古都奈良らしい落ち着いた雰囲気の中、買い物や周辺の散策を楽しむことが出来ます。

古都の宿むさし野の外観は、隠れ家的な雰囲気が漂っています。
古くから数々の文人墨客に愛された老舗旅館で、谷崎潤一郎や山岡鉄舟らが奈良の常宿として利用していました。
また、むさし野は料理旅館としても有名で、四季の移り変わりに合わせた万葉の里の香り豊かな会席料理が用意されています。
お風呂も檜風呂や家族風呂が用意され、宿泊客層に応じた楽しみ方が可能です。

古都の宿むさし野は、春日大社、東大寺といった古都奈良の名寺を存分に楽しむロケーションに位置するだけに、交通アクセスが抜群という訳にはいきません。
それでも近鉄奈良駅からむさし野までは約2.2kmで、徒歩でもアクセス可能な距離にあります。
近鉄奈良駅の東改札を出てすぐの近鉄ビル1階に通じるA出口を利用して地上に上がり、そのまま真っ直ぐに近鉄ビルを出ると369号線(登大路)沿いに出ます。
そのまま369号線をひたすら真っ直ぐ(東方向)に向かいます。
奈良県庁(県庁東交差点)を過ぎ、東大寺南大門に通じる大仏殿という交差点を過ぎると、交通量も減って歩きやすくなります。
奈良県新公会堂を左手に見ながらしばらく進むと、右手に水谷茶屋が見えてきますので、その反対側(左手)の趣のある階段を上れば古都の宿むさし野に到着します。
一方、JR奈良駅からであれば、中央出口を出て斜め左方向に進んで三条通に入ります。
しばらく進むと左手に興福寺、右手に猿沢池が見えてきますが、そのまま直進します。
やがて、春日大社境内入口となる一の鳥居前交差点が見えてきますので、ここで左折し、その先の県庁東交差点を右折すると、先ほどの近鉄奈良駅からのアクセスに合流します。
ただ、JR奈良駅からむさし野までは約3kmの距離があります。
趣のある道が続きますので、歩いてみるとそれほど距離は感じませんが、春日大社や東大寺周辺をしっかりと散策するのであれば、むさし野まではバスを利用するのも手です。

奈良 古都の宿むさし野






「奈良の寺、神社を徒歩で巡る旅」のトップページへ

春日大社のトップページへ

東大寺のトップページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。